MacBook Pro‎の互換電源アダプタを試してみた話

こんばんは。のことです。

MacBook Proが充電出来なくなった

いつものようにMacを充電しようとしたところ、LEDランプがつかず、充電も始まりません。
一回で充電出来ないことは今までにも何度かあったので、何回も付け直してみるもまるで駄目。

バッテリーが減っていく中「Mac 充電出来ない」でググり、以下のような対処法を試してみました。

  1. 電源アダプタをコンセントから抜き、Macからも取り外してしばらく待つ
  2. SMCをリセットする(詳しい方法はこちら
  3. 電源アダプタをドライヤーで軽く温める

しかし充電出来ず。
電源アダプタが悪いのか本体が悪いのか分からないため、近所の家電量販店に行き、店員さんにお願いして展示されているMacの電源アダプタを少し貸してもらうと、無事に充電されました。

Apple純正の電源アダプタは高い

高いんですよね。税別で9,500円。消費税を入れると1万円を超えます。
電源アダプタで1万円は悩むものの、無いと非常に困る…

一旦帰宅し、Amazonで互換品を調べてみると、いくつか商品が出てきました。

しかしレビューを見ると、

こんなものをつなげていたら何が起こるかわからない、という危険性を感じました。

macも道連れに逝きやがった

白いバッテリー部分が溶け、煙が出始め、発見が遅かったら火事になっていたと思います…

といった声が…恐ろしい…

とりあえず買ってみた

とはいえ買ってみました。

「自分は大丈夫」
「今回は大丈夫」

というバイアスで何度か痛い目を見てきましたが、無いと困るし1万円はやはり高い。

今回買ったのはこちら

購入時3,050円でした。純正品の3分の1以下です。

macbookpro01

届いたものがこちら。

macbookpro02

パッケージのボール紙の裁断のズレが不安を煽ります。

macbookpro03

プチプチの中にチャック付きポリ袋という簡素な梱包。しかもチャックが開いて電源プラグがはみ出ていて更に不安を煽ります。

macbookpro05

はめてみる。一部製品のレビューにあった、「プラグの左右の太さが違う」といったことは無さそうです。

macbookpro04

純正品と比べるとアダプタとプラグのズレが気になります。

一抹の不安を胸にプラグをコンセントに、コネクタをMacにつけると

macbookpro08

ついた!

macbookpro09

充電された!

90%まで充電してみましたが、電源アダプタが過剰に熱くなったり煙が出たり異音がすることもありませんでした。

今回は電源アダプタが壊れたことでの購入でしたが、そもそも自宅と仕事場を行き来する時にずっと鞄に入れていたことが壊れた要因として大きいと思うので、スペアとして買っておいて仕事場に置いておくのが良さそう。

この電源アダプタで何か問題が出たらまた追記しようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加